2017年11月05日

11月4日(土)インカレVS中部

 
 
 
こんばんは。
 
 
 
1年マネの蔵です。
 
 
本日はインカレ2回戦、中部大学との試合を
報告いたします。
 
 
 
  【試合結果】
 
法政:30(13-16,17-13)29:中部
 
 
 
 
  【個人得点】
 
 
内門…3点
 
 
 
 
下條…1点
 
 
 
 
高間…3点
 
 
 
 
沖山…2点
 
 
 
 
松岡…12点
 
 
 
 
山本裕…9点
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▽山本晃(2年)
 
 
 
 
▽下條(4年)
 
 
 
 
▽内門(4年)
 
 
 
 
▽仲村(3年)
 
 
 
 
 
 
 
▽松岡(2年)
 
本日、最多得点をあげ大活躍でした拍手
 
 
▽沖山(3年)
 
 
 
 
試合終了のブザーと同時に喜びで
あふれていました(^ν^)
 
 
 
 
 
 
 
本日の対戦相手は、昨日対戦した名城大学と同じく東海リーグの中部大学とでした。
 
試合は法政のスローオフでスタートします。
序盤はシュートチャンスはあるものの、
決めきることができず、その間に相手にサイドシュート、上からのミドルシュートで加点され前半7分に6対1と5点差にされます。
その後、法政がタイムアウトを要請し、そこからシュートが決まり始めました。
前半19分には1点差まで追い上げ、
とったりとられたりの展開が続き前半を13-16の3点ビハインドで折り返します。
 
後半が始まり、相手に開始早々2連続得点を許し5点差に離されます。相手のペースに持っていかれそうな雰囲気がありましたが、ここで法政が3連続得点し流れを譲りません。相手はセンターとサイドを中心に得点、法政は松岡選手と山本祐輝選手を中心に得点とこの試合のポイントゲッターが明確になっていました。後半14分に3連続得点を許し4点差にされたところで法政がタイムアウト。タイムアウト明けから法政に流れがきて5連続得点。後半23分同点とします。法政が粘りのあるディフェンスで意地を見せ、3連続得点。緊迫していた状況から、1歩抜け出したかと思いましたが、中部も3連続得点。残り20秒でまたもや同点になります。法政が時間をつかって攻撃し、ラスト2秒松岡選手の勝ち越し点が決まり法政が勝利しました。
 
 
 どっちが勝ってもおかしくない中での勝利。
お互いにペースを持っていかれないようにと、離されそうな場面でもくらいつき、
この大会にかける熱い思いが現れているのを感じました。
 
 
法政はタイムアウトをきっかけに
しっかり立て直すことができたのが
良かったと思います!◎
危ない場面でのキーパーのナイスセーブにも
再三救われました。(^ω^)
 
 
明日は関東リーグで敗戦している国士舘とです。
昨日、今日と立ち上がりが悪いので明日は
最初から法政らしく試合を進められるといいですね!おやゆびサイン
 
 
今日の試合の、コート、ベンチ、スタンドが一体となったあの瞬間を忘れません!てれてれ
 
 
接戦が続き、疲労も溜まっていると思いますが、明日も全員で頑張りましょう!!!
 
 
みなさん、お疲れ様でした。
明日の試合は14:00よりAコートで国士舘大学と行います。
 
それでは本日の報告を終わります。
 
失礼いたします。
 
 
posted by admin at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。