2019年11月09日

11月9日(土) 全日本インカレVS東海大学

こんばんは。


1年マネの清水です。


本日は全日本インカレ2回戦、関東リーグ1部所属の東海大学と試合を行いました。


【試合結果】

法政30(14-18.16-7)25東海大学


【個人得点】
山本晃・・・9点
松岡・・・9点
山本祐・・・5点
佐々木・・・4点
橋口・・・2点
能條・・・1点


▽山本祐(4年)
7AB2C319-7EF5-49E8-8B04-7AE76EF80661.jpg


▽飯野、輪島、中村(2年)
064EDC99-D647-4D9D-A2DB-4056977FDE45.jpg



▽橋口(2年)
61D67004-3408-4FE5-B746-1489D8F5D46C.jpg



▽山本祐、山本晃(4年)
09F49672-49D5-4015-B304-D4E14F4F89B7.jpg



▽手島、坂本(3年)、宮腰、中惣(4年)
AF9DE52B-B2AA-46EC-8C68-1889EE001B59.jpg



▽佐々木(2年)
3CE4E7D8-E99B-4C56-8FAF-0CD53A44590A.jpg


▽能條(4年)
25111DC2-7F34-427A-8217-FBC14366993E.jpg



▽小林(4年)
A333EC99-268A-4304-865D-2C70E63E59D4.jpg



20EF85F4-C509-42D1-BBF6-E6234737135B.jpg



東海大学には、春秋ともにリーグ戦では勝っていたため、相性がよく、良いイメージをもって試合に望むことが出来ました。


試合開始早々、小林が警告をとられてしまいます。なかなかエンジンがかからず、前半8分で3点差まで引き離されてしまい、完全に流れをもっていかれてしまいます。


前半9分、松岡がペナルティをしっかりと決めきり、1点差まで追いつきます。


しかし、相手のポストプレーに対処しきれず、同じことを何度もやられてしまい、前半22分には5点差までひらいてしまいました。


その後、佐々木が連続得点をしますが、差が縮まらず、4点差で前半を終えます。


後半開始50秒、柿沼がレッドカードで退場となり、大ピンチをむかえた法政。
代わりに入った橋口もなかなか調子が上がらず、苦しい思いをします。


後半10分、相手チームが1人退場し、巻き返しを狙う法政ですが、焦りからかミスが重なり7点差まで離れてしまいます。


しかし、後半14分、山本晃大のミドルシュートを皮切りに、再び活気を取り戻し、法政の反撃がはじまります!


ゴールキーパー木の好セーブのおかげで、後半21分から無失点!流れは完全に法政になります!山本晃大、松岡、山本祐輝のフローターを中心に、セットオフェンスでの得点を重ね、後半23分
同点まで追いつきます!


佐々木、橋口の2年生コンビもシュートを決め、最後には5点差をつけ、東海大学に勝利致しました。


今回は、ディフェンスで崩れてしまい、そこから大量失点、そして焦りからのミスや雑なプレーが目立つ試合となりました。


また、レッドカードや2分間退場など、危険なプレーも目立ってしまいました。


負けたら終わりというプレッシャーや緊張に押しつぶされそうになってしまいますが、法政らしいプレーをして、また明日も勝ちましょう!!!


みなさんお疲れ様でした。


明日はグランディ21で14時より日本大学と試合を行います。


それでは本日の報告を終わります。


失礼致します。


posted by admin at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。